• japanese
  • english
03-6264-288703-6264-2887
最先端レーザー施術「ピコシュア」

シミ、そばかす、肝斑、肌の
くすみを改善する美肌治療

最先端レーザー
「ピコシュア」

今まで取りにくかったシミにも
ピコ秒レーザーで肌の深部まで作用して、美しい肌へ

こんな方におすすめ

  • シミ、ソバカス、肝斑が気になる
  • 毛穴の開き、ニキビ跡・シワが気になる
  • 肌のくすみを改善し、ワントーン明るくしたい
  • 以前のレーザー治療では、シミが消えなかった
  • 周囲に気付かれたくない、ダウンタイムが取れない

ピコレーザー(ピコシュアPicosure®)とは?

ピコレーザーは、従来のQスイッチレーザー(ナノ秒)やIPKなどでも反応しなかったシミにも、短期間で高い治療効果が期待できる、最先端のシミ・肌質改善レーザーです。一般的に使用されてきたシミ治療のレーザーはナノ秒単位で照射しますが、ピコレーザーはナノの1000分の1にあたる1兆分の1秒のピコ秒で照射することができます。従来のレーザーに比べて照射時間が短くなることで肌への負担が少なくなり、シミ、くすみ、アザ、刺青など色素沈着によるお悩みに効果的です。

ピコシュアと他のレーザーとの違い

従来のシミ・ソバカス・アザなどの色素治療は、一般的にQスイッチレーザー(ナノ秒)などが一般的でした。しかし、Qスイッチレーザー(ナノ秒)ではレーザーを照射することで発生した熱によって色素が破壊されてしまうため、炎症後色素沈着を起こすことがありました。

しかし、ピコ秒レーザーであるピコレーザーは、ナノ秒よりも短時間で照射することができるので、熱作用がほとんどなく、衝撃波で色素を粉砕します。そのため、炎症後色素沈着を起こしにくく、メラニン色素を瞬時に砕くことができます。

  • 照射前照射前
  • Qスイッチレーザー(ナノ秒)Qスイッチレーザー(ナノ秒)
  • 照射前照射前
  • ピコシュア(ピコ秒)ピコシュア(ピコ秒)

ピコシュアのレーザーの波長は755 nmが使用されており、他の1064nmのピコレーザーと比べ、メラニン色素に対する吸光度が3倍と高いため、低エネルギーでも効率的に治療ができます。また、ピコシュアでは、シミ治療と同時にフォーカスモードというフラクショナル照射が可能。肌への負担を最小限に抑えながら、真皮のコラーゲンやエラスチンを増加させ、シワ・ニキビ跡・毛穴の開きを改善します。肌に優しくよりスピーディーに治療し、肌の若返りにも高い効果を発揮します。

しみ・くすみ

毛穴・シワ

ピコシュアの特徴

1.施術時間が短い

ピコシュアは熱ではなく衝撃波で色素を砕きます。その衝撃は従来より細かく色素を破壊することができるため、最小限のダメージでスピーディーに治療ができます。

2.施術後のリスクが少ない

ピコシュアの治療では、皮下組織を瞬時に蒸散させるため、周辺組織へのダメージが極めて少なく、傷みがほとんどありません(※個人差があります)。ヤケドや色素沈着のリスクが大幅に減少します。また、レーザー照射後にかさぶたになることがなく、治療後のテープでの保護も必要ありません。

ピコシュアの違い

3. ダウンタイムが短い

フラクショナル照射とは、肌表面に多数の点状の穴を開けることで真皮のコラーゲンを増加させ、肌の再生を促す治療のこと。肌表面を傷つけることになるので、レーダー照射後にかさぶたになり、1週間程のダウンタイムがありました。しかし、ピコシュアでのフラクショナル照射は肌表面ではなく、肌の内側に空砲をつくるため、赤みが出る程度に抑えて治療することが可能です。

ダウンタイムが短い

ピコシュアによるシミ・くすみの治療法

ピコショット(シミ取り)

日光性色素斑、ソバカス、ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)などの薄いシミにも対応可能。従来のレーザーの治療では難しく時間がかかっていたシミにもピンポイント照射し、時間をかけずに治療します。

ピコトーニング(肝斑、くすみ)

顔全体に照射して、メラニンを減らすピコトーニング肌細胞に刺激を与えずにメラニンの破壊を促します。シミやくすみ、色ムラなどが一度に治療でき、総合的な美肌効果が期待できます。 肌全体のメラニンレベルを落とすことができるので、肌全体のホワイトニングや毛穴対策にもおすすめです。

ピコシュアの特徴

1. 施術後のリスクが少ない

ピコシュアの治療では、皮下組織を瞬時に蒸散させるため、周辺組織へのダメージが極めて少なく、傷みがほとんどありません(※個人差があります)。ヤケドや色素沈着のリスクが大幅に減少します。また、レーザー照射後にかさぶたになることがなく、治療後のテープでの保護も必要ありません。

2. ダウンタイムが短い

フラクショナル照射とは、肌表面に多数の点状の穴を開けることで真皮のコラーゲンを増加させ、肌の再生を促す治療のこと。肌表面を傷つけることになるので、レーダー照射後にかさぶたになり、1週間程のダウンタイムがありました。しかし、ピコシュアでのフラクショナル照射は肌表面ではなく、肌の内側に空砲をつくるため、赤みが出る程度に抑えて治療することが可能です。

ダウンタイムが短い

3. ニキビ跡、毛穴の開き、小ジワも治療できる

ピコシュアのレーザーは肌表面だけでなく真皮層にも働きかけることができるので、肌の深部までその影響が及びます。肌表面に傷をつけることなく、コラーゲンやエラスチンの生成を促進させることができます。肌のハリや弾力の向上、シワ、ニキビ跡、毛穴の開きにも効果が高く、肌質そのものが改善されていきます。

ニキビ跡、毛穴の開き、小ジワも治療できる

ピコシュアの毛穴・たるみ治療法

ピコフラクショナル
(シワ、ニキビ跡、毛穴の開き、たるみ)

高密度のレーザーを肌の深部に照射することで、真皮層のコラーゲンやエラスチンといった皮膚の弾性繊維の生成を促進。ダメージが少ない低出力のレーザー治療で色素斑を取り除きながら、毛穴や小ジワ、ニキビ跡などの肌質改善を目指します。

施術の流れ

カウンセリング
経験豊富な医師が患者様のお悩みを伺い、
施術について詳しくご説明しながら仕上がりを決めていきます。
洗顔
施術前に、低刺激の洗顔料、クレンジングを使用して洗顔を行います。
麻酔
施術部位に麻酔クリームを塗布します。
レーザー治療
患者様のご希望や症状にあったピコレーザーを照射します。
アフターケア
治療後の肌の状態を診察します。
施術後は肌が乾燥するので十分に保湿をして、
日焼け止めを必ず使用してください。

※検査から結果通知まで、約1か月間かかります

1
カウンセリング
経験豊富な医師が患者様のお悩みを伺い、施術について詳しくご説明しながら仕上がりを決めていきます。
2
洗顔
施術前に、低刺激の洗顔料、クレンジングを使用して洗顔を行います。
3
麻酔
施術部位に麻酔クリームを塗布します。
4
レーザー治療
患者様のご希望や症状にあったピコレーザーを照射します。
5
アフターケア
治療後の肌の状態を診察します。施術後は肌が乾燥するので十分に保湿をして、日焼け止めを必ず使用してください。

詳細情報

ピコショット
目的 シミ取り
施術時間 10~30分 ※部位やお肌の状態によって異なります。
腫れ・痛み パチパチ熱い痛みを多少感じます。
麻酔 クリーム麻酔
治療跡の化粧 翌日から可能
ピコトレーニング
目的 肝斑・くすみ
施術時間 30分 ※部位やお肌の状態によって異なります。
腫れ・痛み チクチクした熱い痛みを多少感じます。
麻酔 クリーム麻酔
治療跡の化粧 当日から可能
ピコフラクショナル
目的 シワ、ニキビ跡、毛穴の開き、たるみ
施術時間 30分 ※部位やお肌の状態によって異なります。
腫れ・痛み チクチクした熱い痛みを多少感じます。
麻酔 クリーム麻酔
治療跡の化粧 翌日から可能
Copyright© A Clinic All Rights Reserved.